2011年11月23日

やみのころも

今朝みた夢

まきから忍者の服三点セットをもらった。

一番下に着るのは、ビキニってわけじゃないけどいわゆるお腹隠れてない忍者の服。それに闇の衣を重ね着する。しかしなんとそのうえに、白いパーカーを着る。あとオプションで、金一丁と書いた上着。しかしこれが着心地がいいわけよ。ずっと着ていたい。しかもこれらをデザインしたのは、ドラマ蜜の味にでている雅兄ちゃん。「着やすい生地でデザインするのは大変だったんだ。気に入ってくれた?」と聞かれてかなり着やすいと答える。

夢ががらっと変わって、ぴんちょに飲みにいこうと誘ったら160円しかないから無理だけど、教授が出してくれるならいくという。なんかそこらへんの教授を捕まえて一緒にいきましょーよー♪とかいって出してもらうことに成功。天使の焼肉屋台ってのを借りるだけで6千円もするという意味わからない焼肉屋。さっきの店で天使の焼肉屋台レンタルは4千円だったのに!とかいいながら結局教授だすんだしいっかとなってレンタルして焼肉することに。

またまた夢ががらっと変わって、高校のときの旧女子寮にいる。氷川きよしがくるということで、かなりの騒ぎになってる。着替えないと、ってことで、みんなよくわからないファッションに。かくいう私も、先程もらった闇の衣の上に白いパーカー着ている。そしたら郵便が届いて、い〇〇りえが友達に何十枚もの便箋に書いた手紙が料金不足で戻ってきた。



まぁこんな夢でしたね。文字にしたら長いな。最後のなんて、氷川きよし関係なくねぇ?
posted by もにら☆ミ at 08:07| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。